マジやることねぇから自由に書くブログ

旅行と副業がメインの趣味ブログです

足の匂いを克服した俺が対策方法を教える

足の匂いは誰だって気になりますよね。

俺の足マジ臭いです、あなたより臭い自信ありますわ。

通気性の良い履物であるクロックスを履いているのですが、靴下の足裏部分がヤバくなります、手で撫でたら匂いが手に馴染むレベル。

特に夏場は汗で蒸れて靴の中が大変なことになります。

私は足から発する悪臭をなんとかするために色んな方法を試しました。

でも、ネットで教えてもらえる方法は、残念ながら効果がほとんど無いです。

対策方法を全て試したわけでは無いですが、私が試した中で効果があった物無い物を紹介していきます。

簡潔に言うと有用な商品を使用するということです。

足の匂いで悩んでいる方は是非ご覧ください。

足が臭いとマジで辛い

足が臭いとマジで辛い

ほんと辛いです(笑)。

友達の家とかにあがる時、靴を脱いだら普通に匂います。

自分の体臭とかは実感するのが難しいのですが、匂うということは相当です。

男友達なので「臭いよ」とハッキリ言ってくれます、でもこれ女性相手だと絶望しか無いですよね、次の日には「足が匂う奴」と噂されますよ、怖いですね。

匂いの原因を考察する

雑菌の繁殖だとか衛生面だとか言われています。

大体下記が原因になることが多いです。

  • 角質
  • ストレス

汗とか角質は理解できます、汗はよくかきますし、角質は意識して除去したことありません。

でも私の場合去年までは匂いが気にならなかったのです、環境とかは特に変わってないはずなので、加齢なのか疲労なのか謎でした。

その後様々なアイテムを試したのです。

よく匂い対策とオススメされる方法はあまり効果が無い

私が使用した効果が無いアイテムを教えます。(個人差有)

正確には一時的に効果はあります、しかし満足は出来なかったです。

足の指が分かれている靴下は履きづらいだけ

靴下の存在は従兄弟に教えてもらいました、従兄弟は効いたらしいです。

ちなみに当時はスーツ着て働くサラリーマンでしたので、履物は革靴です。

全然ダメでした、通気性の良いクロックスでも効果が無かったです。

消臭スプレーは足というより靴に対して

消臭スプレーは継続して使用した方が良いです。

どちらかというと靴の匂いを除去する用途として価値があります。

足そのものにかける消臭スプレーもありますが効果はすぐ切れます

デオナチュレに期待するもやはり効果は限定的

直塗り制汗デオドラントで有名なデオナチュレです。

使い方は足の裏に直接塗るというシンプルなやり方で、朝出勤前に塗った後に靴下を履いて職場に向かうわけですが、残念ながらお昼ごろにはデオナチュレを塗った直後の良い香りは消えて、悪臭に変化していました。

ただレビューを見てると効果あったよーという人もいるので、やはり効果は個人差なのかもしれません。

deonatulle.com

角質を除去する石鹸も効果無し

使い方は浴場で濡らした足に対してスポンジでこするだけです。

これも風呂から上がった後は匂いが消えて良いのですが、ちょっと時間が経つと匂いが復活します。

ちなみに私が使用したのは下記商品です。

フットメジ 薬用フットソープ D1 爽快ミントの香り 65g グラフィコ フツトメジフツトソ-プミント

足の匂いは2つのアイテムでばっちり

足の匂いは2つのアイテムでばっちり

私で効果があったということは、あなたも効果がある可能性は高いです。

色々試しましたが、一番効果があった商品を紹介します。

今や鬼リピしてます!、それではどうぞ。

【1】花王のフットジュルは神

最高に効きます、正直これだけでいいかもしれない。

使い方は朝出勤前に素足に塗って靴下を履くだけです、いってらっしゃい。

余裕で帰宅時まで効果があるので本気でオススメできます。


 

【2】メンソレータムエクシブ足洗いソープ

こちらも非常に効果が高い。

使い方は浴場で石鹸で体を洗う感じで使えば大丈夫です。

ただこちらの商品はどちらかというと、仕事や外出から帰宅した後のケアとして使用します。

当日の朝に使用しても、汗かいちゃうと匂ってくるので単体では厳しいというのが素直な感想になります。


 

【結論】足の匂いは対策することが可能

足の匂いは強烈で諦めている人も多いでしょう、でも安心して下さい。

私が紹介した対策アイテム2つを併用することで匂いは抑えることが可能です。

私の足ですら対策できました!

勿論今回紹介した方法だけでは無く、通気性の良い履物にすること、同じ履物を履き続けない、靴下も専用の物を使用する等できることは多々あります。

1つだけ試して諦めるでは無く、色々試して自分に合った対策を見つけるのが良いのではないでしょうか。

それではここまでにします、ありがとうございました。